Exchange Server 2010を50日起動させると・・・・

ども。こんばんは。

ReadyNASは無事届いてただいまResync中です。36時間かかるらしい・・・。

で、玄蔵のデータをサルベージすべくいろいろ中。

玄蔵のつながってたML115を止める必要があるんですが、いかんせんメールサーバにもなっているので。。

ということで予備のサーバ(既にセカンダリのDNSサーバとしては動いていた)をセカンダリのメールサーバにしようかと・・・。
んで、ExchangeにリレーしないといけないのでExchange上で受信コネクタをつくろうとしたら・・・

リモートサーバーへの接続が失敗し、次のエラー メッセージが返されました。WS-Management サービスは要求を処理できません。システム負荷クォータ (2 秒あたりの要求数 1000) を超過しています。要求を発行する間隔を以後長くするか、システム クォータを増やしてください。このユーザーによる次回の要求は少なくとも <非常に大きな値> ミリ秒が経過するまで承認されません。

んあー。。管理コンソールつながんね。。。

Exchange 2010 の管理コンソール/シェルが接続できない事象について

という問題があるらしいですね。

Exchange サーバーが約 50 日連続で起動している場合に、Windows の WinRM コンポーネントの問題により QuotaSystem の超過と誤判断され、本現象が発生することがあります。

とりあえずリサイクルしましたが・・・Windowsのこういうところがまだよく理解出来ていない・・・。

さて続きしますかー。

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください