Microsoft Flowを使ってみる – 1 –

ども。こんばんは。

連投です。

先日正式版が公開された「Flow」いいですね。

プロセスとタスクの自動化 | Microsoft Flow

TwitterやFacebook、DropboxやOneDriveなどクラウドサービスを組み合わせて好きなフローを作れるというもの。

こういうテンプレートがいっぱい用意されています。

flow-template-01

もちろん一から作ることもできます。

初めてなのでとりあえずテンプレートを流用

こんなかんじ。

flow-template-02

連携のイメージはこんな感じ。

flow-template-03

ま、おらのブログがそんなリツイートされないのでこれ発動しませんけどね!

あと、大事なことでフローの上限があるようです。

実行数 750 回/1 か月 無制限のフロー作成 15 分間のチェック

flow-template-04

さて、回数ですが、どう数えるか?がいまいちピンときません。

試した感じ、条件にマッチしなければカウントされないようです。
※上で紹介したtwitterのフローならリツイート20のツイートが現れて、プッシュ通知をしたらそこで1回の模様。
適当なキーワードで作っちゃったらガンガンフローが回って焦りました。

このFlowですが、REST APIも使えるっぽいです。

思いつきですが、「‘;–have i been pwned?」のAPIを使って、流出したら通知!とかやりたいですね。

思いつきだし、APIあるっぽいけど、仕様も見てないし、Flowの使い方もまだまだですけどね。。

ちょっとおもしろそうなので継続して触ってみたいと思います。

ではでは。またの機会に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください