ども。こんばんは。

昨日は風邪で寝込んでしまいました。。。

一昨日のネタです。

赤外線レシーバーを使ったリモコンに挑戦中です。
※苦戦。単純に受信するだけなら簡単。

それはまた明日以降書くとして・・・・

ブレッドボードとT型拡張ボード(T型エクステンション、T Extentioinなど)の使い方を唐突に理解しました。。。

理解が遅い。。。

いろんなサンプルを見ていくうちに、自分が猛烈に間違っていることに気づきました。

今までの使い方・・・

正しい使い方

だから、メスのジャンパワイヤばっかりだったのか!
※でもメス-オスのジャンパワイヤは絶対いると思う。。。

ずっと、GPIOの3.3Vとか、一個しか無いのおかしいよなーと思ってましたが、こういう使い方するんですね。。。

3.3VとGNDをブレッドボードの上下の+と-に繋ぐと、そこに繋いで電力を得られる仕組みになっているようです。
※で、ちょっとまた知らなかったのですが、+と-で赤と青のラインが入ってますが、ラインの切れ目までしか電気が届かないようになっているみたいですね。
なので、今LEDに繋いでいる部分が左半分の一番右端という感じ。

で、T型拡張ボードの横からとっていきます。こうすれば、T型拡張ボードにかかれているピンアサインを見ながら接続できるし、電源も端から取ればいいので、いっぱいつなげます。

なるほど・・・。普通かもしれませんが、なかなか良いキット買ったみたいです。

やっと少しづつ理解してきました。

LCDも繋ぎ変えましたが、これメス-メスのジャンパワイヤにオス-オスを繋いでいるのであんまり良くないっぽいです。

そんなに値段は高くなさそうだしいろんな長さのセットを買っておこう。

おまけ。いま頑張っているIR受信モジュール。

AX-1838HSという名前みたいです。

参考:https://arduino-info.wikispaces.com/IR-RemoteControl

ではでは。またの機会に。

バックナンバー