WinPcapではじめるネットワークプログラミング – 2 –

やってしまいました。

ついつい夢中になって気づけばこんな時間。。。

とりあえずサンプル見つつ、自分で書き換えつつ、

パケットひろうところまでは暫定的に理解。

サンプルで非推薦の古い関数が使われていたのでいろいろと置き換え。

新しい関数への置き換え作業のおかげで、だいぶ理解が深まりましたね。

ただし、今は拾うことしか出来ないので、これからIPヘッダやらなんやらの解析の実装が待ってます。

それと拾う部分をうまくスケルトン化したい。

まぁ何が一番困ったかって、

*つけんの?&つけんの?

ってポインタかよ!もっと真面目にCやっとけばよかったなぁ。みたいな。

まぁそれはそれで。VCのおかげで、&つけて型が違うといわれりゃ*にかえちゃえ。みたいな感じで。

はい。ちゃんともっかい勉強します。

それと、サンプルをアップするつもりでしたが、不覚にも眠いので、

また今度にします。

今日感じた一番大きなこと。

MS厨(VB[:ハート:])ですが、

CもたのC!!

あ、はい。寒いですかそうですか。

とりあえずCでうまくサンプルできれば、うまいことC++っぽくOOP化して、

DLL化してVBから呼び出して使う!

最後にゃCOMだよCOM。

COMにしてAccess/Excelから引っ掛けて自動レポーティングでウマー。

月別、日別、プロトコル別あて先別とかでレポートとかだしちゃったりして、

さらにウマー。

うひょひょひょ。

やりたいこと山積み。

後はパケット出す側もほしいなぁ。

というわけで寝ます。

ではでは。又の機会に。

「WinPcapではじめるネットワークプログラミング – 2 –」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください