令和になったことだしクラウドへ移行する – 13 – KUSANAGIのバージョンアップとfunctions.sh

 ども。こんばんは。

このブログはkusanagiで動いています。

8.4.3-1が出ていたので更新しました。

で、見ての通りサブディレクトリにkusanagiをインストールしています。

なので、kusanagiのバージョンアップとかをしたときにちょっとした設定の書き換えをしないとこうなります。

# kusanagi update plugin
プラグインファイルが存在ません。何もしません。
完了しました。

# kusanagi bcache
WordPress がインストールされていません。何もしません
完了しました。

という感じになります。

で、以下のファイルを修正。

/usr/lib/kusanagi/lib/functions.sh

# diff functions.sh.bak.20190728 functions.sh
166,167c166,167
< elif [ -e $TARGET_DIR/DocumentRoot/wp-config.php ]; then
< WPCONFIG=”$TARGET_DIR/DocumentRoot/wp-config.php”

> elif [ -e $TARGET_DIR/DocumentRoot/blog/wp-config.php ]; then
> WPCONFIG=”$TARGET_DIR/DocumentRoot/blog/wp-config.php”
1761,1762c1761,1762
< if [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins/wp-kusanagi.php ] && \
< [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins/kusanagi-wp-configure.php ]; then

> if [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins/wp-kusanagi.php ] && \
> [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins/kusanagi-wp-configure.php ]; then
1764c1764
< local MU_PLUGINS_DIR=”$KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins”

> local MU_PLUGINS_DIR=”$KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins”

これで動くようになります。

【バックナンバー】

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください