令和になったことだしクラウドへ移行する – 14 – KUSANAGIのバージョンアップとfunctions.sh(2)

ども。こんばんは。

以前も記事にしたサブディレクトリでkusanagiを動かす場合に修正が必要な/usr/lib/kusanagi/lib/functions.shですが、kusanagi-8.4.3-3くらいからいじる箇所が増えたみたいです。

これをしないと一部kusanagiコマンドが「WordPress がインストールされていません。何もしません」という表示になります。

以下、8.4.4-2対応版です。

168,169c168,169
< elif [ -e $TARGET_DIR/DocumentRoot/wp-config.php ]; then
< WPCONFIG=”$TARGET_DIR/DocumentRoot/wp-config.php”

> elif [ -e $TARGET_DIR/DocumentRoot/blog/wp-config.php ]; then
> WPCONFIG=”$TARGET_DIR/DocumentRoot/blog/wp-config.php”
1718c1718
< [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-config.php ] || [ -e $KUSANAGI_DIR/wp-config.php ] || return

> [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-config.php ] || [ -e $KUSANAGI_DIR/wp-config.php ] || return
1785,1786c1785,1786
< if [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins/wp-kusanagi.php ] && \
< [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins/kusanagi-wp-configure.php ]; then

> if [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins/wp-kusanagi.php ] && \
> [ -e $KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins/kusanagi-wp-configure.php ]; then
1788c1788
< local MU_PLUGINS_DIR=”$KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/wp-content/mu-plugins”

> local MU_PLUGINS_DIR=”$KUSANAGI_DIR/DocumentRoot/blog/wp-content/mu-plugins”

動作okっぽいですが、修正は自己責任でお願いします。

# kusanagi bcache
bcache は有効です
完了しました。

# kusanagi update plugin
KUSANAGI プラグインは、既に最新バージョンです。
KUSANAGI 設定プラグインは、すでに最新バージョンです。
完了しました。

【バックナンバー】

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください