FOSSIL ジェネレーション5(Gen5) THE CARLYLE HR(FTW4024)購入!

ども。こんばんは。

2年ほどDIESELのWearOS(旧Android Wear)のスマートウォッチ(DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ DZT2004/DIESEL on FullGuard)を使っていますが、どうもバッテリーが死んだっぽいです。

参考:スマートウォッチデビューした

こんな感じで、まだバッテリーが残っているのに、急に画面がざらついていきなり落ちます。 

こうなったら最後、充電ケーブルにつなぐまで起動できませんし、充電開始後何度も再起動します。(多分電圧が足りずに落ちてる、充電されて起動、また電圧不足で落ちる、そのうちバッテリーが溜まってきてやっと起動できる。)

しかも、充電開始直後バッテリ残量は90%近い数字になっています。そういやHTV31の末期がこんな感じでした。

完全放電して再充電したり、ファクトリーリセットしたりしましたが、直らず、ここ数ヶ月は夕方までバッテリーが持てばいい方で、ひどい場合は午前中にバッテリーが終わってました。

ちなみにファクトリーリセットのの他、ブートローダからの初期化も試しました。
WearOSは機種によりけりのようですが、起動時にタッチスクリーンへ特定のジェスチャを行うことでブートローダーに入れるみたいです。
※LGなら、左上から右下に向かってなぞるとか。いくつかyoutubeにも載ってますね。

が、DIESEL(というかFOSSIL)のやつはそれができなかったのでadbでつないで、

adb reboot bootloader

すれば、ブートローダに入れます。おや、以前も見たことのあるbluegillとやらですね。

参考:【雑記】書きたかったこと。出来事。買ったものとか(2019年8月)

root取れないかなーとか、「/data/system/batterystats.bin」消せないかなーとか、いろいろ考えたのですが、ちょっと無理っぽい。というかキーボードがないからsystemパーティションとかマウントしたところでどうしようもねぇ。

参考:A Deep Dive into the Fossil Q Explorist

まぁそういうことです。

Snapdragon Wear 3300(Snapdragon 429ベース?)が出るかも?という噂もあり、もう少しDIESEL onに粘ってほしかったのですが、昨日(2019/12/6) Amazonサイバーマンデー初日に覗いていたらGen5に20%引きクーポンがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ということで買ってしまいました。

[フォッシル] 腕時計 タッチスクリーンスマートウォッチ ジェネレーション5 FTW4024 メンズ 正規輸入品 ブラック

20%オフ(-¥8,400)で、¥33,499なり。結構安いと思う。

そして今日届きました。

箱がとてもおしゃれ。

同梱物はこんな感じ。

左が、今まで使っていたDIESELのもの。
少しコンパクトになりましたが、確実に性能アップしていますね。防水も強化され水泳に対応しているそうです。(飛び込みNG)

ケースサイズ:48mm → 44mm
重さ:174g→110g
CPU:Snapdragon wear 2100 → 3100
RAM:512MB→1GB
フラッシュ:4GB→8GB

充電器は新しいタイプになっていました。残念ながら互換性なし。

起動!

適当にペアリングしました。

シックな感じでいいですね。DIESELのほうが凝ったウオッチフェイスがあった気がしますが、このくらいで十分かな。

今回のは心拍センサーが内蔵されています。
Cardiogramとかいうアプリが5分ごとに心拍を計測してGoogle Fitに連携する作りのようです。

アップデートも結構溜まってました。

なぜか、Bluetooth経由だと数時間かかった上に失敗orz

諦めてWi-Fi経由でダウンロード。

うまくいったっぽい。

サックスの練習のついでにコマの調整にも出して利用開始です。

やっぱり常時点灯は便利だなぁ。新品なのでバッテリーも持ちます。

3年くらい頑張ってもらいたいですね。

ではでは。またの機会に。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください