久々にRaspberry PIのパッケージを更新したらwpa_supplicantがどっかいった話

ども。こんばんは。

久々にうちのラズパイ(Raspberry Pi 3 Model B)のパッケージを更新しました。
※raspbianのバージョンは9.1 Stretchです。ディストリビューションはそのままでパッケージの更新だけした感じです。

普通にapt-get updateしてapt-get upgradeしただけなのになぜか無線がつながらない・・・。

結構悩みました。wpa_supplicantがうまく動いてない様子。

# systemctl status wpa_supplicant.service
● wpa_supplicant.service – WPA supplicant
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/wpa_supplicant.service; enabled; vendor p
Active: failed (Result: exit-code) since Fri 2016-11-04 02:16:45 JST; 38s ago
Process: 376 ExecStart=/sbin/wpa_supplicant -u -s -O /run/wpa_supplicant (code
Main PID: 376 (code=exited, status=203/EXEC)

11月 04 02:16:45 lex systemd[1]: Starting WPA supplicant…
11月 04 02:16:45 lex systemd[1]: wpa_supplicant.service: Main process exited, cod
11月 04 02:16:45 lex systemd[1]: Failed to start WPA supplicant.
11月 04 02:16:45 lex systemd[1]: wpa_supplicant.service: Unit entered failed stat
11月 04 02:16:45 lex systemd[1]: wpa_supplicant.service: Failed with result ‘exit

これ、結論から言うと、wpa_supplicantの実行ファイルが何故か消えてました。

# ls /sbin/wpa_supplicant
ls: ‘/sbin/wpa_supplicant’ にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

ただ、wpasupplicantパッケージ自体はapt上に存在している模様でしたので、apt-get remove wpasupplicantしてinstallしたら復活しました。

一体何だったんだろう・・・。

特に設定とかは変えてませんが、直ったあとに、wpa_passphraseコマンドでPSKを暗号化しておきました。

ではでは。またの機会に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください