Enterprise Mobility + Security E3ではじめるゼロトラスト入門 – 1 – 購入編

ども。こんばんは。

最近のセキュリティ界隈では「ゼロトラスト(セロトラストネットワーク)」なるキーワードが盛んですね。

これまでのようにファイアウォール等の境界で守られたネットワークを信用しない、という考え方のようですね。
例えば、カフェなどの公衆Wi-Fiにつなごうが、社内LANにつなごうがどちらも同じ、何も信用しないという考え方です。

いろいろな構成要素がありますが、自宅でも気軽に試せる部分として
・IDセキュリティ(IDを安全にする)
・デバイス管理(MDM)
からやってみたいと思います。
※あとは、SASE(Secure Access Service Edge)とかEDR(Endpoint Detection & Response)があると、どこでも同じポリシーのセキュリティを、境界ではなくエンドポイント上で不審な動きを監視、といったよりゼロトラストな感じになると思います。

さて、今我が家ではMicrosoft 365 Business Basicを契約しています。

これに、Enterprise Mobility + Security E3を追加して、ID保護としてのAzure AD Premium P1、MDMとして、Microsoft Intuneを使えるようにします。

Microsoft 365 Business Premium(¥26,160/年)にすべきかも悩んだのですが、Microsoft 365 Business Basic(¥6,480/年)+EMS E3(¥11,520/年)にしました。Business Premiumよりも、¥8,000くらい安くなりました。この差額は、デスクトップアプリ版のOffice分ですかね。最近IPadばっかりでWindowsをあまり使ってないのでデスクトップ版Officeアプリはいいかなーという感じです。

ちなみにEMS E3は「Enterprise Mobility Suite Direct」に名前が変わった(変わる?)ようです。

サクッと買います。購入はMicrosoft 365管理センターの「サービスを購入する」から。

無事買えました。

続いてライセンスを割り当てます。

無事にAzure AD上のライセンス画面でも割当が行われました。

知らない間に、Azure ADのライセンスもPremium P1になっていました。

次回からは、各デバイスをIntuneに登録していきたいと思います。

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください