ThinkCentre m90q TinyとCore i9-10900(10コア/20スレッド)+64GBメモリで作る超小型!保証なし!爆熱!の最強ESXi – 1 – 購入編

こも。こんばんは。

メモリをバカ食いするソフトウェアの検証をやってまして、AWSやAzureじゃあ金がいくらあっても足らん!ということで、このご時世にオンプレで最強のESXiを作ってやろうと思い立ちました。

まずは購入編です。

本体にはLenovo ThinkCentre m90q Tinyを選びました。第10世代Core iシリーズが搭載可能な超小型PCです。

Ryzenが搭載可能なThinkCentre M75q Tiny Gen2も考えたのですが、2021年2月段階では人気すぎるのか販売停止中・・・。

Intel NUCも考えたのですが、購入時点では、NUC11が出ておらず、どうせ10世代なら比較的安いThinkCenterでいいかなということで購入しました。

構成はこんな感じです。

ベース:ThinkCenter m90q Tiny エントリー

これをベースに以下のカスタマイズをします。
カスタマイズ方針としては、とにかく安くすること、後で必要になるかもしれないものは足すこと。です。

【構成】
プロセッサー : インテル Celeron プロセッサー G5900T (3.20GHz, 2MB)
初期導入OS : Windows 10 Home 64bit
導入OS言語 : Windows 10 Home 64bit – 日本語版/英語版選択可能
フォームファクター : Tiny
メモリー : 4GB PC4-21300 SODIMM
グラフィックカード : 内蔵グラフィックス
3rd ハード・ドライブ : 128GB ソリッドステートドライブ (NVMe M.2 2242)
イーサネット : 内蔵イーサネット
ワイヤレスLAN / Bluetooth : インテル Wi-Fi 6 AX201 + Bluetooth
Default USB Port : USB Type-Cx1、USB Type-Ax5
USB-C Port : USB Type-C
電源アダプター : 135W ACアダプター
スピーカー : 内部スピーカー
バーティカルスタンド : バーティカルスタンド
ツールレス (オープンシャーシ) : ツールレス (オープンシャーシ)
付属品 : 日本語
標準保守 : 1年間 オンサイト修理

ThinkCentre 230W ACアダプター(スリムチップ)

カスタマイズしたのは主に太字部分ですが、

  • OSをWindow 10 ProからHomeへ
    →どうせESXiを入れるので。
  • ワイヤレスをWiFi 6に
    →ワイヤレスはESXiじゃどうせ使えないけど、後でクライアントに流用するかもしれないし、アンテナ自分でつなぐの大変でし、どうせならWifi 6がいいなと。+¥4,400ならまぁ許せるかな。。。
  • USB Typeを増設
    →なんとなく。これで付属のアダプタが130Wにアップグレードされたっぽい。まぁ230W買うんだけども。+¥3,300。
  • バーティカルスタンド
    →+¥1,100。縦置きしたい。
  • ツールレスシャー
    →¥0だったので選択
  • キーボード、マウスをなしに
  • 230W ACアダプタ(別売り)
    Core i9-10900(無印)を動かすため。TDPは65Wですが、PL2は224Wです。ギリギリかな・・・。

これで、
¥80,300(標準構成価格)

¥93,500

これに、Eクーポンの-¥29,920を適用して¥63,580。
230W ACアダプタが別売りで¥11,000。

合計は、¥74.580。

なかなか安いんじゃないかな。

注文から到着まではこんな感じでした。納期は2週間ちょっとってところですね。

  • 2021/02/09 注文
  • 2021/02/19 発送
  • 2021/02/25  到着

続いてCPUです。
Lenovoでカスタマイズできる最強のCPUは、「インテル Core i7-10700 プロセッサー (2.90GHz, 16MB)」で、カスタマイズ価格は、+¥39,600です。8コア16スレッド。

うーん。物足りん!し、4万近くかかるなら、もっといいのは積めんのか、ということでCore i9 10900にしました。
なお、CPUはCRU(customer replaceable unit)ではないため、交換は保証外ですのでお気をつけください。

で、Core i9 10900にした根拠ですが、TDP(PL1)が65Wで、PL2も224Wであることです。これらの数字は、Core i7-10700 と同一なので、ここまでなら動くんじゃね?という安直な想像と、どっかの海外サイトがCore i9-10900を搭載して売ってたので多分動くんだろういうことで。。。。
しかしこれ冷えるのか!?という疑問はありますが、それは次回以降で。
※Core i9-10900T(超省電力版)でも良かったじゃなかったかな。。。と後でちょっと後悔しました。

ということで、当時最安のアプライドで¥45,650で購入。

続いてメモリです。
メモリはまぁ適当です。とりあえず64GBほしかった。
動作クロックは3200がいいかなーと思いましたが、高かったので、2666で妥協。

キングストン Kingston ノートPC用メモリ DDR4 2666MHz 32GBx2枚 HyperX Impact CL16 1.2V Unbuffered SODIMM HX426S16IBK2/64 永久保証

Amazonで¥27,874。

続いてSSDです。
標準で128GBのNVMeが載ってるので、いらない気もしましたが、せっかくなので購入。

SanDisk Ultra M.2 NVMe 3D 内蔵SSD 1TB / SDSSDH3N-1T00-G25 / 転送速度 最大 2400MB/秒

 Amazonで¥12,929。

ここまでまとめると、こんな感じ。

項目 数量 小計
Lenovo ThinkCentre m90q Tiny 1 ¥63,580
ThinkCentre 230W ACアダプター(スリムチップ) 1 ¥11,000
Core i9 10900 BOX 1 ¥45,650
HX426S16IBK2/64 1 ¥27,874
SDSSDH3N-1T00-G25 1 ¥12,929
合計 ¥161,033

おー、そこそこ高い。。

上記に加えて、付帯物として以下のものを購入しました。

エレコム クリーナー ウェットティッシュ 強力タイプ タバコのヤニや手あかもすっきり 60枚入り WC-JU60N

CPUを積み替えるので、グリスを拭き取るのに買いました。Amazonで¥801。

【正規品 親和産業】 ドイツ Thermal Grizzly オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Kryonaut 1g

CPUグリス。いわゆる熊グリスですね。
特にこだわりはないです。Amazonで¥719。

サンワサプライ ワットモニター 消費電力(W)・積算電力量(kWh)・積算時間(Hour)・積算電力料金(円)・CO2排出量(kg)

今回、結構ギリギリのACアダプタなので一応図ってみようかと購入。¥2,073。

次回開封していきたいと思います!

 

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください