ThinkCentre m90q TinyとCore i9-10900(10コア/20スレッド)+64GBメモリで作る超小型!保証なし!爆熱!の最強ESXi – 3 – 魔改造とベンチマーク

ども。こんばんは。

前回開封したThinkCentre m90qを魔改造してCore i9-10900と64GBメモリ、1TB SSDを追加します。
※CPUはCRUではないため、自分で交換すると保証外です!

まずは、標準の状態でCINEBENCH R23を回していきます。

まわってますねー。

見た感じMAXで21Wくらい消費していました。

スコアはこんな感じ。

マルチコア :1249pts
シングルコア:  524pts

続いて、CrystalDiskMarkで標準のSSDのベンチをとります。

ちなみに初期パーティションはこんな感じです。

ベンチの結果はこちら。
なんかあんまりはやくねぇ。

一旦、シャットダウンして、カバーを開けてSSD追加、メモリ交換をしていきます。

まずはSSD。

SanDisk Ultra M.2 NVMe 3D 内蔵SSD 1TB / SDSSDH3N-1T00-G25 / 転送速度 最大 2400MB/秒

青いラッチは上に持ち上げます。

メモリを交換します。
標準ではサムスンのものがついていました。

こいつに積み替えます。

キングストン Kingston ノートPC用メモリ DDR4 2666MHz 32GBx2枚 HyperX Impact CL16 1.2V Unbuffered SODIMM HX426S16IBK2/64 永久保証

普通に差し込むだけですね。

ちゃんとOS上でも認識できました。

ディスクも認識していますね。

ディスクのベンチマークをとってみます。
※省略していますが、コンピュータの管理ツールからフォーマットとパーティションの追加をしています。
お、カタログスペック通りですね。

さぁ続いて大物です。
CPUを交換していきます。

ヒートシンクのネジは全部で3つです。

右側のディスクのマウンタを外すと3つ目のネジが見えます。

ネジを外して持ち上げると外れます。

抑えているカバーを外します。

こいつで拭き取ります。

セレロン

ヒートシンク側もきれいにします。

いよいよ、Core i9-10900の出番です。

久々のCPU交換でドキドキしていたせいか、乗せるところを撮影し忘れました。

CPUグリス(今回は熊グリス)を塗ります。

塗り方は、いわゆるうんこ塗り。特に伸ばさずこのままヒートシンクをかぶせてその圧力で広げます。

もとに戻します。

起動してみます。

20スレッドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

低負荷だと温度も気になりませんね。

消費電力も、Celeron G5900Tと比べて+2Wくらいでした。

お、これは意外と冷えるし消費電力も少ないじゃね、とおもいつつCINEBENCH R23を回してみます。

一瞬で90℃に・・・。

 

ファッ!?228W・・・。
230WのACアダプタ買っといてよかった。

で、このあとすぐにクロックが落ちていき、定格の2.8GHzでしか駆動しなくなりました。一瞬だけ本気出すけど、速攻で爆熱になってクロックが落とされるようです。

まぁ、2.8GHzとはいえ、温度は80℃くらいなので、まぁこんなもんかなぁ。

スコアはこんな感じです。
正直まぁ低いですが、熱問題はある程度覚悟してたのでこんなもんかなーと。
それよりも正直ちゃんとCINEBENCH完走できたことの安心感のほうが大きいですね。何回か回してみましたが大丈夫でした。

【Celeron G5900T】
マルチコア :1249pts
シングルコア:  524pts

【Core i9-10900】
マルチコア :10597pts
シングルコア:   1274pts

とりあえずこれで魔改造は完了です。

一旦この状態で回復ディスクを作成しました。

次回からはVMware ESXiを入れていきます。

【バックナンバー】

ではでは。またの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください