「ネットワーク・セキュリティ」カテゴリーアーカイブ

Cisco Catalystでガチポート障害っぽいのにあたった

ども。こんばんは。

昨日の記事で書いたCatalyst 3750GのGi1/0/9ですが、どうもポート障害っぽいです。

今日別の端末をつないでみて、以下のコマンドでテストしてみました。

test cable-diagnostics tdr interface gigabitEthernet 1/0/9

結果は以下の通り。1/0/6は正常で、今回用意したテスト用端末とケーブルを1/0/6につないでも当然問題なし。

うーん。やっぱりポートの物理不良で、ちゃんとネゴシエーションできていないっぽいですね。

あーあ。貴重な1ポート死んだorz

#sh cable-diagnostics tdr interface gigabitEthernet 1/0/6
TDR test last run on: September 25 22:59:08

Interface Speed Local pair Pair length        Remote pair Pair status
--------- ----- ---------- ------------------ ----------- --------------------
Gi1/0/6   1000M Pair A     4    +/- 10 meters Pair B      Normal              
                Pair B     4    +/- 10 meters Pair A      Normal              
                Pair C     2    +/- 2  meters Pair D      Open                
                Pair D     1    +/- 2  meters Pair C      Open                

#sh cable-diagnostics tdr interface gigabitEthernet 1/0/9
TDR test last run on: September 25 22:57:30

Interface Speed Local pair Pair length        Remote pair Pair status
--------- ----- ---------- ------------------ ----------- --------------------
Gi1/0/9   auto  Pair A     N/A                Pair A      Normal              
                Pair B     N/A                Pair B      Normal              
                Pair C     N/A                Pair C      Normal              
                Pair D     N/A                Pair D      Normal

 ではでは。またの機会に。

三井住友銀行を騙るフィッシングとAmazonを騙るフィッシング二本立て

ども。こんばんは。

久々にセキュリティねたです。

大体先に誰かが載せてるので書かないですがフィッシングネタです。

着弾したメールが三井住友銀行を騙るものと、Amazonを騙っているのになぜかメールアドレスが三井住友銀行風なものが立て続けに来たので載せてみます。
※両方ともYahoo!メールに届いており、Yahoo!メール上で迷惑メールとして処理されています。

増税前なんでそういう流れもあるのかなー。

では一通目。Amazonを騙りプライムの支払い方法の更新を促し、おそらくクレジットカード情報などを窃取しようとするものかと推測されます。

Receiveヘッダ

Received: from 23[.]247[.]2[.]235 (EHLO a6[.]smdcbc15[.]jp) (23.247.2.235)
by mta732.mail.djm.yahoo.co.jp with SMTP; Fri, 20 Sep 2019 02:16:53 +0900

以下メールの内容。

From: Amazon.co.jp <smbc@a6[.]smdcbc15[.]jp>
To: xxxx@yahoo.co.jp 
Date: 2019/9/20, Fri 02:16
Subject: Amazonアカウントを利用制限しています。xxxx@yahoo.co.jp

お支払い方法の情報を更新してください。Update default card for your membership.

マイストア    |  タイムセール    |  ギフト券

xxxx@yahoo.co.jp様 

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/19に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。 
アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。 

Amazon.co.jpカスタマーサービス 

  支払方法の情報を更新する   

いくつかリンクが張ってありリンク先はいずれも以下のようですが、すでにDNSレコードがない模様です。

hxxps://amaoeaomeacjp[.]com/

 

続いて2通目。三井住友銀行を騙り、SMBCダイレクトの情報を窃取しようとするものかと推測されます。

06-6223-6635は、実際に存在する三井住友銀行のカード発行部?のようです。セキュリティ強化部って・・・。流石にないと思う。。。

ちなみに「smbcajp[.]com」もすでに名前解決ができないようです。

Receiveヘッダ。1件目と似通っていますね。

Received: from 23[.]247[.]114[.]211 (EHLO a5[.]smdcbc22[.]jp) (23.247.114.211)
by mta703.mail.djm.yahoo.co.jp with SMTP; Sun, 22 Sep 2019 20:22:18 +0900

以下メール内容。凝ってますね。凝ってるというか本物のコピペですかね?

From: 三井住友銀行 <smbc@a5[.[smdcbc22[.]jp>
To: xxxx@yahoo.co.jp 
Date: 2019/9/22, Sun 20:21
Subject: 【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。xxxx@yahoo.co.jp

消費税率引き上げに伴うSMBCダイレクトの各種手数料改定について、お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。

ご入力いただきました内容で所定の審査をすすめさせていただきます。
ご確認については、こちらからご確認ください。
 hxxps[:]//smbcajp[.]com
(ご注意)
このメールアドレスは送信専用です。
返信をいただいてもご回答できませんのでご了承ください。
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
このメールは、【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの方へ送信させていただいております。
ご不明な点がございましたらお手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。
───────────────────────────────────
三井住友銀行株式会社
セキュリティ強化部 06-6223-6635
受付時間:9:00?17:00 (土・日・祝・12/30・1/3休)
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

※再開のお手続きのお申込みに際して、会員規約第46条に則り、貸金業法第17条
第6項および同法第18条第3項に規定された一定期間における貸付け及び
弁済その他の取引の状況を記載した電磁的書面を「ご利用代金明細書」で
通知することについて同意いただいたことをお知らせ致します。

最近、「貴様」とか書いたふざけたメールは減りましたが、本物っぽいのが増えており、油断すると踏みそうになります。

上記2件とも、9/23時点リンク先が死んでいるようですが、ドメイン自体は直近で取得されたようですね。数字部分を変えて複数ありそう(未確認です)。

ちなみに、メールサーバは両方ともglobalfrag.comのネームサーバに逆引き登録されています。多分アメリカのレンタルサーバ?かな。

ではでは。またの機会に。

CISMに挑戦してみる – 7 –

ども。こんばんは。

今日ようやくバッジと正式な認定証が届きました!

中身はこんな感じ。

バッジは磁石式・・・。

すでに、PDFではダウンロードできるようになっている認定証の原本?です。

もう一枚紙が入っていました。
おめとうがんばれ、的な。

 

最終的な受験〜合格〜認定まで時系列はこうなりました。

今月も月例会に参加します!

【バックナンバー】
参考にならないと思いますが、勉強方法などは3に記載しています。

ではでは。またの機会に。

FortiOS v6.0.5 build0268 (GA)が出ていた

ども。こんばんは。

出てますねー。

上げました。最近比較的アップデートに失敗しないし、起動後のディスクチェックやれ!っていうのも出なくなりましたね。

 

リリースノート:

https://docs.fortinet.com/document/fortigate/6.0.5/FortiOS%20Release%20Notes/760203/introduction

これまだknown issueなの?さっさとなおしてくだいませー。
もはやバグのレベルなのか?という気がする。

Bug ID Description
435951 Traffic keeps going through the DENY NGFW policy configured with URL category.

 

6.2がもう出てるけど、うちの90Dには入らないし、本気でそろそろ50Eあたりに買い換えないと。

ではでは。またの機会に。

CISMに挑戦してみる – 6 –

ども。こんばんは。

無事CISMに認定されました。

が、メールはまだ来ていません。。

気になって定期的にmy ISACAを見てたら認定されてました。

んで、バッジ?とやらを受け取ってみました。
※Acclaimのアカウント会社で作ってた気がする・・・けど改めて作りました。

一時間後くらい?にBadge AcceptedがYESに変わっていました。

で、私のCPEですが、来年(2020年から)みたいですね。

継続専門教育(CPE)方針によると・・・

年次および 3 年間の報告期間

年次の報告期間は、毎年 1 月 1 日から始まります。3 年間の認定期間は人によって様々であり、その期間は、年次請求書と認定要件の年次 確認書に記載しています。 新規に認定された CISM の方々については、年次および 3 年間の認定期間は、認定された翌年の 1 月 1 日から始まります。認定された年 度中は、一定時間、CPE を受けることは必要とされていません。ただし、認定の日からその同じ年の 12 月 31 日までに受けた教育の時間数は、 最初の報告期間に受けたものとして報告することができます。

ということで、今年(2019年)に溜め込んでおいて、2020年一発目にガバっと登録できる・・・?のかな。

で、来年の更新時にはCPEのメンテナンス費用がかかると・・・。

ちなみにすでにアンケートやらサーベイで2CPEあるのでが、試しに登録してみても反映されませんでした・・・。

 

最後に、受験から合格〜認定までのタイムラインです。
※すべて日本時間です。ISACA本部はCDTっぽいので、JST-14時間ってところですかね。
現地23時が日本の翌朝9時。

ということで、受験から認定までなんやかんや1ヶ月近くかかりました。

さぁこれからはCPE方針に従って維持活動をがんばりますか。

※認定完了のメールはいつ届くんだろう・・・。

【2019/04/23追記】
無事、認定部門からメールも届きました。
2週間〜8週間でピンと証書が郵便で届くそうです。
※PDF版は、4/20の段階でダウンロードできるようになっていました。

そして本日の4月月例会から月例会デビューしました!

【2019/05/27追記】
無事、バッジと認定証が届きました!

 

【バックナンバー】
参考にならないと思いますが、勉強方法などは3に記載しています。

ではでは。またの機会に。

CISMに挑戦してみる – 5 –

ども。こんばんは。

無事試験に合格し、2019/04/08の日本時間の正午ごろにApplication Formを提出しました。

申請書はこのあたり。私は「Applications for CISM Exam Passers 2017 and Later」の日本語版で申請しました。

http://www.isaca.org/Certification/CISM-Certified-Information-Security-Manager/Apply-for-certification/Pages/default.aspx

私の経歴では、現職がギリギリ5年に満たないので、セクションAが2社記載する複数社の形式になります。
前職の上司にサインもらわないとだめかなぁと思っていたら、一応現職の上司に過去の経歴含めて証明してもらえば大丈夫という情報を頂いたので、その方式で提出しました。

本日(2019/04/15) 日本時間23時頃、無事レビューが終わったので3〜4営業日で正式な認定のメールが出るよ!という返事がISACAからきました。

【2019/04/17追記】
myCertificationsのページも変わっていました。

もともと申請から認定まで2週間程度かかると聞いていましたが、とりあえず申請OKだったみたいで一安心です。

で、次ですが、勢いに乗ってPMPWを受けてみることにしました。

とりあえずKindle版のPMBOK 第6版を通勤時間にちょっとずつ読んでます。

夏くらいにPMPとりたいなぁ。

【バックナンバー】
参考にならないと思いますが、勉強方法などは3に記載しています。

ではでは。またの機会に。

【FortiGate】うっかり忘れたPhase-1のPre-Shared keyを見つける方法【6.0確認済み】

ども。こんばんは。

小ネタです。

誰かの役に立てば。

  1. 普通にFortiGateのGUIにログインする
  2. VDOM環境の場合は、該当のVDOMに切り替える(GUIで)
  3. 同じブラウザで以下のURLにアクセスする
    https://[FortiGateのIPアドレス:ポート]/api/v2/cmdb/vpn.ipsec/phase1-interface?plain-text-password=1
  4. JSONで結果が帰ってくるので該当のP1の「psksecret」を探す
  5. 以上!

ね。簡単でしょ?

ちなみにミソは「plain-text-password=1」です。これをつけないと「 “ENC XXXX”」になってしまいます。
リファレンスには「plain-text-password=1」のってないっぽいんですよね。

参考:Pre-shared Key | Fortinet Technical Discussion Forums

 

普通にリストアする分には困らないけど、FortiGateから別の機器にリプレースするときとかに使えるかな。
※たまーにありますね。「すいませんPre-Shared Keyなんでしたっけ・・・」って、そんなこと客に聞けるかよ!っていう状況。

ちなみに、2019年4月10日現在でFortiOS 6.0.4でも確認済みです。
未確認ですが、FortiOS 5.2.3以降くらいなら使えると思います。

FortiGateのAPIってあんまり意識してなかったなぁ。これを機になんか作ってみようかなぁ。

↑と思って、ドキュメントライブラリ(https://docs.fortinet.com/)探してたら・・・

随分画面変わってる!、し、FortiOS 6.2出とるやないかい!

うちに来てないぞ―

ん?

【リリースノート】
https://docs.fortinet.com/document/fortigate/6.2.0/fortios-release-notes/760203/introduction-and-supported-models

FortiOS 6.2.0 supports the following models.

FortiGate FG-30E, FG-30E_3G4G_INTL, FG-30E_3G4G_NAM, FG-50E, FG‑51E, FG-52E, FG-60E, FG-60E-POE, FG-61E, FG‑80D, FG-80E, FG-80E-POE, FG-81E, FG-81E-POE, FG-90E, FG-92D, FG-100D, FG-100E, FG-100EF, FG-101E, FG-140D, FG-140D-POE, FG-140E, FG-140E-POE, FG-200E, FG-201E, FG‑300D, FG-300E, FG-301E, FG‑400D, FG‑400E, FG‑401E, FG‑500D, FG‑500E, FG-501E, FG-600D, FG-600E, FG-601E, FG-800D, FG‑900D, FG-1000D, FG‑1200D, FG-1500D, FG-1500DT, FG-2000E, FG-2500E, FG-3000D, FG-3100D, FG‑3200D, FG-3700D, FG-3800D, FG‑3810D, FG-3815D, FG-5001D, FG-3960E, FG‑3980E, FG-5001E, FG-5001E1

 

あちゃー。60D、90D、200Dあたり外れたか・・・。
100Dはまだ行けるのね。さすが100D。

そして新機能が・・・・。Split-Task VDOMってなんだそれ・・・。

https://docs.fortinet.com/document/fortigate/6.2.0/new-features/519101/expanding-fabric-family

まだライセンス残ってるけど、6.2入らないのはやだなぁ。
もったいないけどさっさとEシリーズにリプレースしますかねえ。

ではでは。またの機会に。

検索:FortiGate pre-shared key recovery p1 pshase1 ipsec vpn psk forget secret 

CISMに挑戦してみる – 4 –

ども。こんばんは。

2019/03/26に受験したCISMですが、今日ようやく試験結果のメールがきました。

10日ほどかかるとは聞いていましたが、11日(9営業日)かかりました。
日本時間で夜中に来ると思いこんでましたが、本日(4/6(土))の13時頃に届きました!

メールは来るけど、myCertificationには更に数日かかるという情報もありましたが、同じタイミングで反映されたようです。

結果は無事合格!
※ちなみにメールは、office365の機能で暗号化されてました。

以下メールより抜粋

We are pleased to inform you that you successfully PASSED the exam with a total scaled score of 574. For your information, your exam results by area are provided below. 

SCALED SCORES BY CONTENT AREA: 

Information Security Governance 481
Information Risk Management and Compliance 668
Information Security Program Development and Management 567
Information Security Incident Management 559
   

以下myISACAのmyCertifications

574/800なので、71%ってところですかね。

やっぱり情報セキュリティがガバナンスはむずい。。。

それでも当日の試験後の感触よりは随分いいです。落ちてるかもとすら思っていたので。

まだ認定を受けるための書類とかを申請してませんが、とりあえず無事合格!

CPEを稼いでちゃんと維持しないとなぁ。

【バックナンバー】
参考にならないと思いますが、勉強方法などは3に記載しています。

CISSPとかも挑戦してみようかなぁ。それよりも先にCISA受けてみようかなー。

ではでは。またの機会に。

CISMに挑戦してみる – 3 –

ども。こんばんは。

前回の記事から随分と時が流れました。
そしていきなりですが、今日(2019/03/26)受けてきました。

受験記というか体験記というか。書いてみたいと思います。

#パニック障害の治療中のコンディションでよく受けに行ったもんだなぁと思いますが。。。
#もちろん、薬は事前に飲んで臨んでいます。。

【過去記事】

えーと、結果的には、どうやら受かったぽい?です。

CISMの試験は、その場で仮判定が出て10営業日以内に正式なスコアがメールで届きます。

正直、超トイレに行きたくて最後の画面、ちゃんと見てないのですが、

おそらく
「CISMに合格となりました」
と出てた・・・はず。です。。。
「CISMに合格となりました」
だったような気がしないでもないです。。。

正直落ちたと思ってますので、あんまり見てなかったです。
それよりもトイレに行きたくて。

一応今回の私なりの勉強法です。
以下全然参考にならない可能性があります。。。多分落ちてるし。受かってたとしても運が良かっただけです。きっと。
受験を考える方は、ちゃんとレビューマニュアル読んで体系的に学んだり、事前のISACAのレビューコースに参加したほうがいいと思います。
#正直それでも受かるのか?という気がします。本番に近いサンプル問題集がほしいです。。。

私は手元に「Japanese: CISM サンプル試験問題解答解説第9版」を持っていまして、これは2017年6月に購入したものです。

当時は日本語のレビューマニュアルを見つけられませんでしたが、今はあるみたいです。
※いまISACA Book Storeを見てると「Japanese: CISMレビューマニュアル 第15版 」がありました。

サンプル問題集は2019年3 月現在未だ9版のままみたいです。

で、この問題集ですが、1ドメイン〜4ドメイン全部で1000問ほどあるみたいですが、3週しました。

  • 1週目:普通に解く。間違えた問題をマーク。
  • 2週目:もう一度普通にときながら、前回マーキングした問題をクリアできればマークを外す。
  • 3週目:2週目でマークが取れなかったものを中心にやり直し+自分なりに重要っぽいところに絞ってやり直し

これを実質2週間くらい、通勤時間と土日でやりました。
#問題集買ってからずいぶん時間があきました&年会費も無駄に3年分払いました・・・。
2周目は1日でやりましたが、問題集1周するのに8時間くらいかかったと思います。

そして問題集を逆コンパイル?(国語のテストでよくある「作者の気持ちを答えなさい」的な)をしながら、

目標、戦略、ポリシー、GRC・・・、事業目標とのセキュリティの整合、データ所有者、管理者の責任の違い、運営委員会と取締役〜、RTO/RPO/AIW・・・とか、頻出のキーワードやポイントを自分なりに理解していったつもりです。

そもそも問題の日本語の意味がわからないやつが多すぎるorz

ちなみに実務でもインシデント対応とかしているのでドメイン4は比較的理解しやすかったです。

で、試験前日(昨日)、問題集の巻末のサンプル試験(150問)をやったところ、

所要時間:40分+見直し11分
正答数 :138/150

でした。
※サンプル試験は最後にやろうと思ってたので手を付けてませんでしたが、問題は今までやってきたものが出題されているだけだけでした。

正答率90%超えてます。。しかも計算すると1問平均の解答時間が16秒・・・。
うーん。ほぼ問題暗記しちゃってますね。。。

問題見なくても選択肢の組み合わせを見たら、どれが正解か分かってしまうくらいになってしまっていました。。。
これ、問題と答えを覚えただけじゃね?っていう。。。良くない勉強法ですよね。。

で、今日(2019/3/26)本番です。

秋葉原で受けてきました。余談ですが身分証明書に社員証は使えず、マイナンバーカード+クレジットカードでOKでした。ちなみに、同時間帯でISACAの試験は私だけだったっぽいですね。周りは皆さんAWSっぽかった。うーむ人気だなぁ。

で、試験始まりまして・・・

問題集で見た事ある問題なんて1問か2問でしたorz

最初の数問で諦めかけてましたが、自分なりに問題集から逆コンパイルした内容を当てはめてなんとか解きました。

所要時間はたっぷり2時間30分を使って(最大は4時間)。150問をきっちり2周しました。
フラグ立てた問題だけ見直すとかじゃなくてガチで2周です。
10問くらい2周目に選択肢を変えています。

最後に仮結果が出るのですが、冒頭の通り、多分合格だった・・・と思いますが自信は全くありません。
むしろ不合格の方に自信があるくらいです。

結果が出たら、どのドメインがどうだったかメールで来るみたいので、正式な合否と併せて書きたいと思います。

【2019/04/06追記】
無事合格のメールが届きました

ではでは。またの機会に。

2018-2019年末年始振り返り、最近のこと、ブログ15年目。他。

ども。こんばんは。

すっかり年も明けて、気づけば成人の日も終わってしまいました。
1/11でこのブログも15年目に入りました。なんだかんだ続くもんですね。

では、ちょっと最近のことを書きたいと思います。

■風邪でダウン(2018/12/17-18)

風邪でダウンしました。
インフルエンザではなかったようです。

■鈴木みのりファーストアルバムが届く(2018/12/18)

【1stアルバム『見る前に飛べ!』みのり隊オリジナルセット】です!
ファンクラブ限定でリストバンド付き!やっぱりCrosswalkいいわー。

■加湿空気清浄機導入(2018/12/23、2018/12/29)

散々悩んで購入しました。
というのも、先般の風邪も乾燥が原因じゃないか?ということで・・・。

で、とりあえず加湿機だけを買うか、加湿空気清浄機を買うかいろいろ悩みました。
Amazonのクリスマス?年末?セールで、シャープのプラズマクラスターの加湿空気清浄機の型落ちが安いようだったので、せっかくならと、シャープの加湿空気清浄機に絞っていろいろ比較して購入しました。

シャープの加湿空気清浄機は、大きくKIシリーズとKCシリーズにがあります。
KCシリーズはプラズマクラスター7000を搭載、KIシリーズは一つ上の機種でプラズマクラスター25000を搭載します。
※本当は除湿もできる除加湿空気清浄機(KC-HD70の1機種のみ)も検討したのですが、値段が4万円ほどと割高で、サイズも大きいようなので諦めました。

んで、その後のアルファベットで製造年、数字でサイズ(対応する部屋の広さ)になっています。

今回購入したのは、KI-GS50というモデルの黒色です。

以下開封〜使い捨てプレフィルター取り付けの様子。

使い捨てプレフィルターって両面テープでくっつけるのですが、これちょっとダサいよね。。



KIシリーズで、Gなので、2016年モデルのプラズマクラスター25000搭載モデルという感じです。
※2017年モデルならKI-HS50、2018年モデルならKI-JS50という感じです。Hの次はIじゃなくてJに飛んだみたいですね。

同じ2016年モデルで、KC-G50がAmazonで¥17,800ととてもお買い得だったのですが、あえてひとつ上の機種のKI-GS50を¥21,800で購入しました。

以下KI-GS50とKC-G50の比較。
http://www.sharp.co.jp/support/air_purifier/lineup/kigs50_kcg50_spec.html
http://www.sharp.co.jp/kuusei/lineup/2016.html
ポイントにしたのは、KIにはホコリセンサーがついていることと、大きさがスリムなこと、プラズマクラスター25000が搭載さていることです。

で、実は罠があって、プラズマクラスター25000は、1日24時間運転だと約2年でユニット(¥3,000くらい)交換が必要ですorz
プラズマクラスター7000には必要無いようです。。。なので、本体も割高な上にランニングコストも高い方を選んでしまいました・・・が満足です。

レビューという程でも無いのですが、使った感想を。
・本気だすとうるさい。おまかせ運転だと温度にわわせて湿度を調整してくれます。
室温24℃だと、湿度33%くらいにしようと頑張るのですが、湿度が1%減るだけで、全力運転になります。。。。
全力で回ると掃除機ばりにうるさいです。
夜は照明を消すと勝手に静かに運転してくれるので、夜中も回してますがそこは大丈夫でした。
※まぁ一応心配だったので先に1台だけ買って、夜中試して問題ないかを確認して買い足しました。

・加湿力は・・・正直550ml/hですが、これって前述の通り、全開フルパワーなので、正直どうなんでしょう。。。あんまりガンガン加湿してくれてる感じはしないです。けど、確実に湿度は上がってるかなぁというくらいですね。

・湿度の表示がちょっとずれる?実際の湿度より低い気がします。(センサーの場所のせいかな?)
温度は割と手元の温度計とあってますが、例えば手元の湿度計で40%あるのに、表示上は33%くらいだったりします。

・給水タンクの強度が不安・・・。取っ手がちょっと安いっぽいです。。水の量はうちの大きさだと問題ないかな。あんまり広い家ではないし。

結論、夜中中エアコンの暖房をつけっぱなしにしても、朝方喉が痛いことは無くなりました。

■恒例の年末年始振り返り(2018/12/28-2019/1/6)

毎年グダグダな年末年始の振り返りです。


・12/28 有給休暇。通院、ヨドバシカメラで空気清浄機用の延長コードなどを購入

・12/29 特に何もせず、2台目の加湿空気清浄機の設置とか、グランツーリスモとか。

・12/30 サックスの練習納め

・12/31 大掃除、ガキ使を最後まで見る

エアコンのフィルターも頑張った。


・1/1 新年会
今年は冷凍おせちを頼みました!日テレポシュレの和洋中おせち3人前(¥12,100(送料込み))です。
サイズも4人で食べるのにちょうどよく、美味しかったです。


・1/2 ダウン

・1/3 ゴロゴロとAmazon Primeで映画を見る

・1/4 有給休暇。廃人。

・1/5 EWIの練習をしたりした。

・1/6 PSYCHO-PASSを新編集版〜2期〜劇場版の順で全部みた。

〜仕事始め〜

・1/12-14 物語シリーズをdアニメストアで全部みた。

・1/14 結局Kindle Unlimitedは解約(キャンペーンで3ヶ月¥299だった。)

 ■FortiOS v6.0.4 build0231が出ていたので更新(2019/1/20)

更新しました。
以下リリースノート

http://help.fortinet.com/fos-rn/6-0-4/Content/FOS_RN/0200_Introduction.htm

久々に問題なくアップデートできて一安心。

known issueにとんでもない一言ありますね。これもうNGFWモードやめようかな。

Bug ID

Description

435951

Traffic keeps going through the DENY NGFW policy configured with URL category.

Bug ID

Description

480003

FortiGuard category does not work in NGFW mode policy.

 

まぁそんな感じの年末年始でした。

以下、とりとめのないことをつらつらと。

実はまだサックスの練習始めをまだしていないのです。。
なんか、成人の日の三連休もグダグダとしてしまい、今週もグダグダと・・・。

なんか最近週末に全然元気が出ないですねー。
それと、最近寝起きに腰がめちゃくちゃ痛いんです。

パニック障害の方も良くなりつつあるのですが、まだ完治には時間がかかりそうです。

 

そういや、WordPress 5.0のエディタが鬼のように使いにくいので、結局Classic Editorなるプラグインを入れてしまいました。。

ではでは。またの機会に。