東京フレンドパーク

どうも~。

こんはんは。

今日はまた一段と暑い日でしたね。

いよいよ夏到来というところでしょうか。

さてさて、本日の「東京フレンドパーク」に堀北真希と市川由衣がゲストでした。

堀北・・・悶絶にかわいいです。

俺のために髪を束ねてるあたりが心にぐっと来ます。

ただ、久々に見た市川由衣が、

かわいい

どっちもかわいいです。

ただ俺と市川由衣と年一緒だったなんて・・・。

20だそうです。

因みに堀北は17。

うーん。

非常にかわいいです。

やはり堀北は最高です。

だれが何と言おうと譲れません。

堀北いいよ堀北。

そしてリクエストした景品を全部あてちゃう二人に感動します。

ってかいつから車、パジェロじゃくなくなったんだ???

まぁ、とりあえずしばらく悶絶します。

ではでは。またの機会に。

チューボーですよ。

はい注目!

今週もZOXY DOLL出てました。

なんか勢いなくなったような気がするのは俺だけだろうか・・・。

まぁこれはこの辺でおいといて、

チューボーですよ!

ゲストは掘北真希!

もえぇぇぇぇぇぇ!

なんていうか、このぎこちなさが◎。

しかもなっちゃんのCMとの妙な連携はなんなんだ・・・。

ちなみになっちゃんのCM初めて見ました。

いい。

堀北いいよ堀北。

堀北もいいけど、親子丼もまたおいしそうだった・・・。

俺のためにつくってくれないかな?

とにかくかわいかったです・・・。

ではでは。またの機会に。

大失態。

どうも~。こんばんは。

今日は大失態をしました。

ズボンの下にパジャマをはいたまま登校、そして出社。

あ、あつかった。

というのも、今日は若干寝坊。

そして起床後すぐに腹部に違和感およびMELT DOWN

しばらくトイレへ。

気づけば遅刻ぎりぎりタイム。

あわてて着替える。

そのときにどうやら脱ぎ忘れたらしい。

途中できづけよー。

下半身全体に違和感を覚えつつ小走り。

なぜかいつもより下半身が熱い。

そしてたとえようの無いごわごわ感。

思わず足を止め確認。

パジャマぬいでねーよ!

orz

がしかーし!

ここで家に帰れば遅刻確定!ちゃーちゃーちゃーちゃーん♪(北斗の確定の音)

というか、

結局遅刻した。

ボーナス突入ー!

その後日付が変わるまでいいようのない蒸れ蒸れ感と、ごわごわ感と格闘してました。

それにしてもまさか20にもなってパジャマ脱ぎ忘れるとかぁりぇなぃんですけどぉー。

きめぇw

まぁいいです。

おかげでお風呂が気持ちよかった。

うーん。

今日は激アツでした。

皆さんもパジャマの脱ぎ忘れにはご注意!

ではでは。またの機会に。

はまった。

どうも~。こんばんは。

どこのテレビもワールドカップ一色ですね。

今日は久々にVBではまりました。

すっぽりと・・・。

ログ出力用のクラスを作ってたんですが・・・・。

普通にべたに

FileOpen

PrintLine

の流れでやってたわけなんですが、

いかんせん

「ファイル名または番号が正しくありません」

というエラーがでまくり・・・。

悩みに悩んで悩みぬいた結果、

PrintLineがスレッドセーフじゃない!!!!!!!!!!

おえええええええええええええええ。

まじでーーーーーーーーーー!

そうか。なるほど。デリゲートでマルチスレッド化しているメソッドから、

呼び出してしまってたわけですね。

うーむ。参った。

というわけで

StremWriterに変更。

StreamWriterはスレッドセーフの模様。

見事さっくさくに動きました。

正直自分なりにSyncLockなど使用して、スレッドセーフにしたはずだったんですが。。。。

また話が違ったみたいですね。

本来SyncLockなどはオブジェクト内の変数の不整合の回避などに使うらしい。

大きな勘違いでした。

PrintLineメソッド自体スレッドセーフじゃないと無理なのか~。

ということでおなじみ参考サイトは@IT

@IT:連載:.NETマルチスレッド・プログラミング入門 第3回 マルチスレッドでデータの不整合を防ぐための排他制御

デリゲートで余裕かましてたらこういうところで引っかかるんですね・・・。

普通のメソッドのように意識せず非同期デリゲートを扱ってた報いでしょうか(苦笑)

ではでは。またの機会に。

ニンテンドーDS用ワンセグチューナは1万円以下

どうも。こんにちは。

どうやらDS用にワンセグ対応の外部デバイスが発売される模様ですね。

任天堂、ニンテンドーDS用のワンセグ受信カードを年内発売
-上の画面で視聴、下のタッチ画面で選局

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060215/ninten.htm

期待半面、その前にワンセグ対応の携帯に機種変してる可能性アリですね。

再来のZOXY DOLL

最近ニュースを見ると

シ社、シ社、シ社・・・・

しまいにシ者で渚カヲルになりそう。

ってがっかりだよ!
まぁそれはおいといて、

今週のエンタ。

出てました。

ZOXY DOOL 地味にこのブログもZOXY DOLLの記事以来、

検索履歴がZOXY DOLL関連で一杯です。

因みに今↓こんな感じ
(ZOXY DOLL関連以外の検索文字列は省いています

検索文字列 サーチエンジン 検索数
ZOXY DOLL Yahoo!JAPAN Google excite goo 63
ゾクシードール Yahoo!JAPAN Google excite goo MSN 37
zoxy doll Yahoo!JAPAN Google goo 26
ZOXY DOLL Yahoo!JAPAN Google goo 7
ZOXY DOLL Google Yahoo!JAPAN 5
ZOXY DOLL Yahoo!JAPAN Google 4
ZOXY-DOLL Yahoo!JAPAN Google 3
ZOXY DOLL Google Yahoo!JAPAN 3
ZOXY-DOLL Google 3
ZOXY Google goo 2
不満だ エンタ excite Google 2
ZOXY Yahoo!JAPAN 2
ZOXY DOLL ネタ Yahoo!JAPAN 2
エンタ Yahoo!JAPAN 1
ZOXY DOLL ネタ Google 1
ZOXY DOLL ブログ Google 1
エンタの神様ゾクシードール Yahoo!JAPAN 1
ZOXY DOLL hp Google 1
zoxy-doll Google 1
ゾクシードール ブログ goo 1
エンタ ゾクシードール Yahoo!JAPAN 1

わ・・・123回って。。。。。

というわけで、今日は録画したのでキャプをうpしてみます。

エンタおなじみの芸人紹介
エンタ冒頭
ネタに入ります。。。。
一つ言ってもいいですか?
どうやら電話に出ないのが不満のご様子。
前フリ
気合だめ。
不満だー!!!!!!
!?
頭ふりまわしちゃってます。。。
元に戻る。
!!!
あーすっきりした。

が、画像でけぇえええええ。

もう小さくするのまんどくさいんで、この大きさで勘弁。

それと、You Tubeでも探してみましたところ、初登場の動画が流れてましたのでリンクはっときます。

http://www.youtube.com/results?search=ZOXY+DOLL&search_type=search_videos

ではでは。またの機会に。

帝国!終わった!

いやいや。梅雨ですねぇ。

どうもこんばんは。

今日は少しネットネタを・・・・

いつも見てる小太郎ぶろぐさんなんですが、

先日おもしろいものを見つけました。

Mario World completed in less than 11 minutes スーパーマリオワールド高速クリアスーパープレイ映像だよ!

良くあるマリオのスーパープレイなんですが、今まで見た中で一番すごい!

スーファミのマリオ自体の動画も結構めずらしいのかな?

僕はこのゲーム初めて買ってもらったゲームなので、かなり思い入れが深いです。

小学校1年生だったかなぁ。

懐かしい。

にしてもこの人うますぎwww

今日は昼休みに友達と見入ってしまいました。

一見の価値ありです。

それにしてもYou Tubeはやってますね~。

僕のYou Tubeの利用のきっかけはラーメンズのネタがみたかったからですね(笑)

Sushi とか Dogezaとか(笑)

いまでもあるのかな???

ところでこのYou Tube。そのまま読むと「ようつべ」

つべ?????????

つべといえば方言でケツのこと(笑)

おまえケツ!
(You Tube!)

まぁどうでもいいですが(笑)

ではでは、今日はこの辺で。

またの機会に。

WMP11と中百舌鳥ぼや騒ぎ。

どうも~。こんばんは。

さてさて、Windows Media Player 11のBeta版がリリースされてたんですが、

早速入れてみました。

ずいぶんガラッと変わった感じですね~。

決しては悪くは無いです。

寧ろ気に入ってます。

いい。

いいよ。

ライブラリもぜんぜん変わってる。

音がよくなったっていうか、変わった気がします。

気のせいかな?

まぁとりあえず、

いい。

いいよ。

MSいいよMS。

正直WMPが好きです。

まぁ皆さんもお気に入りのプレーや見つけてくださいね。

別件ですが、

本日中百舌鳥駅付近にてぼや騒ぎ(?)がおきてました。

いつものように仕事を終えて、

帰り支度をしてたら、火災警報器の音が・・・・。

隣の館かなぁ。誤報かなぁと思ってたら、同じセンターの人とばったり。

「なんかなってませんか?」

「なってますねぇ」

とやり取りした結果、やはり隣の館から聞こえるという結論に。

ということで、警備会社に電話し、帰りますか~。

ところが、

センターを離れれば離れるほど音が大きくなっていき、

どうやら道路挟んで向かい側のマンションから聞こえるとの結論。

あわてて、警備会社に出動要請取り消しの電話(笑)

結構な野次馬がいたので、ついでに野次馬。

「どこですかね~?」
「もうずいぶんなってますよ~」

うわ・・・。俺も野次馬する年頃になったかぁ。

などと思ってたらあれよあれよという間に消防車が6台ほど到着。

さらに救急車も到着。

だれがどうみても大災害。

が、煙はおろか、火の気配すらない。

やはり誤報だったのかなぁ。

結局結末を見る前に終電がきそうだったのでそのまま帰ったんですが。

いったいなんだったんでしょうね?

しかも消防車の台数からしてもやたら物々しい。

うーん。

明日のニュースにでも乗るかな??

ちょっと気になってます。

ではでは。皆さんも火事には気をつけてくださいね。

WinPcapではじめるネットワークプログラミング – 2 –

やってしまいました。

ついつい夢中になって気づけばこんな時間。。。

とりあえずサンプル見つつ、自分で書き換えつつ、

パケットひろうところまでは暫定的に理解。

サンプルで非推薦の古い関数が使われていたのでいろいろと置き換え。

新しい関数への置き換え作業のおかげで、だいぶ理解が深まりましたね。

ただし、今は拾うことしか出来ないので、これからIPヘッダやらなんやらの解析の実装が待ってます。

それと拾う部分をうまくスケルトン化したい。

まぁ何が一番困ったかって、

*つけんの?&つけんの?

ってポインタかよ!もっと真面目にCやっとけばよかったなぁ。みたいな。

まぁそれはそれで。VCのおかげで、&つけて型が違うといわれりゃ*にかえちゃえ。みたいな感じで。

はい。ちゃんともっかい勉強します。

それと、サンプルをアップするつもりでしたが、不覚にも眠いので、

また今度にします。

今日感じた一番大きなこと。

MS厨(VB[:ハート:])ですが、

CもたのC!!

あ、はい。寒いですかそうですか。

とりあえずCでうまくサンプルできれば、うまいことC++っぽくOOP化して、

DLL化してVBから呼び出して使う!

最後にゃCOMだよCOM。

COMにしてAccess/Excelから引っ掛けて自動レポーティングでウマー。

月別、日別、プロトコル別あて先別とかでレポートとかだしちゃったりして、

さらにウマー。

うひょひょひょ。

やりたいこと山積み。

後はパケット出す側もほしいなぁ。

というわけで寝ます。

ではでは。又の機会に。

WinPcapではじめるネットワークプログラミング

どうも~。こんにちは。

さてさて、今C++パケットキャプチャの開発を考えています。

半分は授業(C++)の課題制作なんですが。

んで、window用のライブラリwinPcapを使ってみることにします。

お約束:
以下の手順を実行した上でのいかなる損害も補償しません。
自己責任でどうぞ。

~winPcapのサンプルが動くまで~

OS:Windows XP SP2
IDE:Visual Studio.NET 2003
Language:Visual C++
Lib:winPcap 3.1

手順1:winPcapのインストール

http://www.winpcap.org/

↑のサイトから「Get WinPcap」へ進む。

今回winPcapのバージョンは資料やサンプルが豊富なので3.1を使います。

WinPcap auto-installerをダウンロードしてインストール。

これをインストールしないとwinPcapを使用したアプリは動きません。

手順2:開発キットをダウンロードする

先ほどのページから「Development」へ進み、

「WinPcap 3.1 Developer’s Pack」

をダウンロードして解凍。

手順3:Visual Studio .NET 2003 にライブラリの追加

手順2で解凍したフォルダの中のIncludeとLibフォルダの中身を

C:¥Program Files¥Microsoft Visual Studio .NET 2003¥Vc7

のInclude,Libにそれぞれコピー。

正直これはやらなくていいかも知れないですが、ここでコピーしておくと、

間違ってヘッダファイルなどを消してしまう心配がないかと思います。

(VS自体アンインストールしてしまうといみないですが・・・)

ここでコピーしておけば

#include

のように”<>“を使ってincludeできます。

手順3:サンプルのビルドと実行

では実際にビルドしてみましょう。

Visual Studio .NET 2003を起動して、

「新しいプロジェクト」
「Visual C++ プロジェクト」
「Win32」
と進み
「Win32コンソール プロジェクト」

プロジェクト名を入力してOK。

Win32アプリケーションウィザードが表示されるので

「アプリケーションの設定」

で「空のプロジェクト」にチェックを入れて完了。

出来たら、ソースファイルに「sample.c」を追加し、

下記のサンプルコードを入力してみましょう。

/*
#include “pcap.h”
↑手順2でヘッダファイルなどコピーしなかった場合
この場合はしっかりヘッダなど追加して下さい。
(こっちでは試してません。)
*/
#include

/* prototype of the packet handler */
void packet_handler(u_char *param, const struct pcap_pkthdr *header, const u_char *pkt_data);

main()
{
pcap_if_t *alldevs;
pcap_if_t *d;
int inum;
int i=0;
pcap_t *adhandle;
char errbuf[PCAP_ERRBUF_SIZE];

/* Retrieve the device list */
if(pcap_findalldevs(&alldevs, errbuf) == -1)
{
fprintf(stderr,”Error in pcap_findalldevs: %s¥n”, errbuf);
exit(1);
}

/* Print the list */
for(d=alldevs; d; d=d->next)
{
printf(“%d. %s”, ++i, d->name);
if (d->description)
printf(” (%s)¥n”, d->description);
else
printf(” (No description available)¥n”);
}

if(i==0)
{
printf(“¥nNo interfaces found! Make sure WinPcap is installed.¥n”);
return -1;
}

printf(“Enter the interface number (1-%d):”,i);
scanf(“%d”, &inum);

if(inum < 1 || inum > i)
{
printf(“¥nInterface number out of range.¥n”);
/* Free the device list */
pcap_freealldevs(alldevs);
return -1;
}

/* Jump to the selected adapter */
for(d=alldevs, i=0; i< inum-1 ;d=d->next, i++);

/* Open the device */
/* Open the adapter */
if ((adhandle= pcap_open_live(d->name, // name of the device
65536, // portion of the packet to capture.
// 65536 grants that the whole packet will be captured on all the MACs.
1, // promiscuous mode (nonzero means promiscuous)
1000, // read timeout
errbuf // error buffer
)) == NULL)
{
fprintf(stderr,”¥nUnable to open the adapter. %s is not supported by WinPcap¥n”, d->name);
/* Free the device list */
pcap_freealldevs(alldevs);
return -1;
}

printf(“¥nlistening on %s…¥n”, d->description);

/* At this point, we don’t need any more the device list. Free it */
pcap_freealldevs(alldevs);

/* start the capture */
pcap_loop(adhandle, 0, packet_handler, NULL);

pcap_close(adhandle);
return 0;
}

/* Callback function invoked by libpcap for every incoming packet */
void packet_handler(u_char *param, const struct pcap_pkthdr *header, const u_char *pkt_data)
{
struct tm *ltime;
char timestr[16];

/* convert the timestamp to readable format */
ltime=localtime(&header->ts.tv_sec);
strftime( timestr, sizeof timestr, “%H:%M:%S”, ltime);

printf(“%s,%.6d len:%d¥n”, timestr, header->ts.tv_usec, header->len);

}

入力し終わったらビルド!

おおおおおおおおおお。

うごかねーーーーーーー。

正直なやみました。

いろいろ調べたところ、wpcap.libをリンカに関連付けしないといけない模様。

というわけで、

1.メニューバーから「プロジェクト」
2.[プロジェクト名]のプロパティ
3.構成プロパティ
4.リンカ
5.入力
6.追加の依存ファイルにwpcap.libと入力。
7.OKを押して再度ビルド

これで動くと思います。

で、このプログラムは何をしてるかというと、

PCにインストールされているネットワークカードを検出し、

そのネットワークカードに流れてきたパケットを拾っているようです。

あ、そうそう。

言い忘れてました。

僕C/C++最高に苦手なんで。

一応コンソールでそれなりのものは作れますが、

やさしいCレベルなんで(^^;;

まぁこれから勉強していきたいと思います。

参考・資料にさせていただいたサイト

WinPcapを使ったプログラミング

ひげぽん OSとか作っちゃうかMona- – WinPcapを試す

そしてwinPcapの日本語ドキュメント

WinPcap Documentation

↑3.0用ですが、かなりありがたいです。
この解説資料を元にいろいろ作っていく感じになります。

参考にさせていただいたサイト様ありがとうございました。

それとスペシャルサンクス

くだすれVisual C++(超初心者用)スレのの550さん

僕と全く同じエラー出てました。

落ちてますのでキャッシュを貼らせていただきます。
こちら

自称ネットワーク屋の独り言。 16th Seasons(Since 2005/01/11)